求人情報に掲載する写真について

pick up

閲覧者のイメージしやすい情報を

目に留まるような求人 リクナビネクストを閲覧している人は、何らかの形で仕事を探している方です。リクナビネク…

more

リクナビネクストへの求人掲載申し込みと公開期間の概要

知名度が高い 人が足りなくてウェブに求人を掲載するなら、リクナビネクストのような知名度の高い媒体がおすすめ…

more

calendar

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

応募増加の秘訣

AIの発展やオートメーション化の煽りを受け、人が働くというエリアは狭まってきているように感じる世の中です。ですが、あくまでも今までにあった仕事が変化している状況であり、仕事の量、業種などは、以前に比べて多種多様になっている状況です。従って各企業、より良い人材確保に向けて、求人サイトへの掲載をされているのが現状です。
国内の求人サイトの中でも、応募数、掲載数ともにトップを走るのが、リクナビネクストです。読者からも、掲載する企業からも、リクナビネクストは高い信頼を勝ち取っています。リクナビネクストに掲載されている求人情報に、毎週6万件が応募しているという数字にも驚かされます。
リクナビネクストへの掲載の流れとしては、まず電話かメールで掲載希望を伝え、エリア担当とアポを取ります。後日エリア担当から訪問があり、募集要件の詳細を詰めます。そして打ち合わせの内容でエリア営業、募集要件の記事担当で原稿案を作成してくれます。その上でチェック、手直しを繰り返し、いざ掲載と言う流れになります。詳しい内容や詳しい希望等に関しては、ヒアリングの際にしっかり伝えるようにしましょう。そして、どういった人材を求めているかというビジョンが明確なほど、応募が増加する傾向があるので、しっかりと検討しましょう。

アピールはほどほどに

少し前まで、求人情報と言えば求人情報誌や求人広告が主流でしたが、今ではインターネットで仕事探しができるようになりました。以前よりも掲載できる情報が増え、会社情報や職場の雰囲気など、よりイメージしやすいような情報を掲載するスペースが増えました。求人サイトで代表的な、リクナビネクストに掲載されている情報も同様です。
リクナビネクストは、全国の求人情報を掲載しているので、働きたいエリアで検索できるようになっています。そして、職場環境や勤務している人間のインタビューなどを掲載している企業も中にはあります。これはリクナビネクストでも他の求人情報でも同様ですが、こっちの良かれが裏目に出るパターンもあります。それは、職場の雰囲気写真です。
飲食店や企業などで、大人数が非常に仲の良い雰囲気で掲載されている写真などがあります。微笑ましい写真なのですが、あまりにその仲良しアピール度が強過ぎると、新入社員で加入するとイメージしてみて、アウェー感が物凄いんじゃないか?と変に勘ぐってしまい、応募を見送るケースと言うのもあるようです。働いている人間が仲の良い職場は非常に結構なのですが、アピール次第では逆効果になるので注意が必要です。

Copyright(C)2017 リクナビネクストで人を集めるには写真を掲載してアピールも必要 All Rights Reserved.